スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新停止について

更新を停止します。今までありがとうございました。
記事をすべて非公開にしました。
スポンサーサイト

BLDのCOの向きの予測について

 僕がまだBLDのやる気があるころ、少しでもタイムを縮めようと考えていたときに「COの向きを確認してる時間もったいなくね」と思い、ループの最後のbufferパーツの色からCOの向きを特定する判断基準を調べたのでそれを書こうと思います。複数ループがあるときは難しいので、単独ループかつCOが1つだけの場合のみ使えるテクニックとなります。使える場面が少なすぎるのが問題です。またコーナーを分析している段階でCOの向きが見えてしまい分析する必要がない場合もあるので本当に使う場面が限られます。6文字の単独ループでCOが1つのときが一番使いやすいのですが、このテクニックを使う前提としてCOがある位置は感覚的に特定できないとだめです。この感覚は非常に重要でエッジでも感覚的にEOの位置が特定できたりします。

 bufferはULBとして書いていきますが、DRFの人も考え方は同じです。

1、最後に分析したbufferパーツのステッカーがB面またはL面の色なのか
2、COの位置がどこなのか(感覚で把握する)
この2つに注目することによって特定することができます

理由はよくわかりませんが対角関係にあるコーナーパーツが仲間みたいなので8個あるコーナーパーツが2つにグループ分けされます。

1 ULB URF DLF DRB

2 URB ULF DRF DLB

COの向きはU面またはD面の色がどちらを向いてるのかということにして書きます。

COの位置が1のグループのとき
 
最後に分析したbufferパーツのステッカーの色が

B面のとき→COの向きはF面またはB面
L面のとき→COの向きはR面またはL面

COの位置が2のグループのとき

最後に分析したパーツがのステッカーの色が

B面のとき→COの向きはR面またはL面
L面のとき→COの向きはF面またはB面

具体例 1
スクランブルは自分の基準面でやってください
L B2 R' B2 R2 F2 L' B2 L' U2 B2 D L2 B2 L B U2 R' D B

分析 ULB→RFD→FUL→LBD→DRB→URF+COが1つ となり、分析してないパーツはDLF(グループ1)で最後に分析したbufferパーツの色はB面の色なのでCOはF面の向きになります。DLFなんか目の前だし見えるではないか!というツッコミは禁止です。

具体例2
上のスクランブルで基準面からy'した状態でやってください。

分析 RDB→ RDF → BUR→ RUF→ DLF+COが1つ となり、分析していないパーツはDLB(グループ2)で最後に分析したbufferパーツの色はB面の色なのでCOはL面の向きになります。

sub30したらやってもいいかなぐらいだと思います。まあこんなことはどうでもいいのですが、パリティがあるときにUBとULを逆向きに分析するやつはsub60出るぐらいになったらやるといいと思います。3BLDパリティやり方で解説してるのでぜひ見てください。


 
 

3BLD記憶について

みなさんお久しぶりです。最近は日本のBLDレベルが向上していて非常にうれしく思っています。sub40は5人sub60も14人と僕がBLD始めたころに比べて大幅にレベルアップしています。これは正しい情報が広まったことと、全体的なレベルアップによって精神的なハードルが下がったためだと思います。日本のBLDのさらなるレベル向上の助けとなるような記事を書けたらなと思っています。今回のテーマは記憶です。個人的に3BLDの6割は記憶競技であると思っています。今でこそ9秒から11秒程度で安定して記憶できますが、最初からできたわけではありません。ステッカー記憶に移行したときから10秒程度で記憶できるときもあれば40秒ぐらいかかってしまうこともあるような時期が長らく続いていました。大会で結果を残すには記憶時間のムラをなくさなければなりません。その記憶時間のムラをいかに解消していくか書いていきたいと思います。

 記憶を安定させるのに必須なのはレターペアです。レターペアなしではBLDの上達はありえません。それぐらい重要なのです。文字の配列に記憶時間が左右されてる人は必ず成長します。僕はエッジファーストなのでコーナーの記憶のみにレターペアを使い、エッジはそのまま音で記憶します。ひらがなは1文字で1音節であるためそのままの文字列で記憶するのはやりやすいと思うので、日本人ならばエッジファーストが良いと思われます。レターペア作成は、ソルブ中に即興でレターペアを作り、ソルブ後にすぐ思いつかなかったレターペアをネットや辞書、twitterなどを使って補充するというのをひたすら繰り返すことににより定着させました。事前にレターペアを表で作ろうとする人もいますが、そこで作ったレターペアを一気に使うのは難しいので、即興で考えたときに自然と出てくるものを使用していくのが一番だと思います。レターペアによりどんな文字列にたいしても平等に記憶できるようになりましょう。また3style手順とレターペアが完璧に対応すると実行の高速化ににもつながります。何回も反復練習して定着させましょう。
 
 あとは心理的な壁を作らないことが非常に重要になります。僕はこれに一番苦しめられました。記憶時間は必ず成長すると強く思い込むこと。ただだらだら練習してるだけでは絶対に成長しません。練習なら何度ミスってもいいのだから自分が記憶を保持できるギリギリのところで実行に入るようにする。それを繰り返すことで少しづつ、無理して記憶していたのが当たり前のように記憶できるようになり成長していきます。

もうネタが尽きた,,,,,,思ったより書くことない....

みんな頑張ってください

僕のBLDの解き方

 最近BLD流行ってますね。日本のBLDのレベルが少しでも向上するといいなあと日々思っています。僕はNRとれて練習がおろそかになってますが、まだ成長できると思います。最近avg5 でsub30達成し、平均は33秒(記憶12実行21)ぐらいで、成功率は7割程度です。今回は、僕がどのようにBLDを解いているのかと、ちょっとしたアドバイスについて書こうと思います。解法は3style(UF ULBbuffer)を使用しています。


記憶について

 基本的にすべて文字記憶を使っています。エッジファーストなので、コーナーはレターペアで軽くストーリーを作り、エッジはそのまま音として記憶しています。ビジュアル記憶は補助的に活用してます。
 ・コーナーの記憶ではとくにイメージはしてなくて、そのまま文字のストーリーとして記憶している。
 ・エッジのループが複数あるときは、ひとつながりの文字列にはしてません(2つめのループから最後の文字を記憶しない)。それぞれのループがねじれループなのかそうではないのかは、感覚として記憶しています。12文字以上覚える必要がなくなります。
 ・COは基本的に最後に処理しています。COが1つの場合はビジュアルでその位置を記憶し、COが2つで、その2つでCO処理が完結する場合は、どのように処理するかを記憶(この場合はエッジよりも最初に処理することあり)、完結しない場合はしょうがなくビジュアルで2か所記憶しますが、3COの手順が使える場合はどこでその手順を回せばいいのか記憶してます。3つCOがあったらくそ。
・EOは最初にループの最後のパーツと処理してます。
・エッジの分析をしていて最後に2点ループが残った場合はビジュアルで記憶することが多いです。
・もちろんすべて一読で記憶しています。

実行について

・常に先読みして回す。
・2文字ペアと3style手順が結びついているので勝手に手が動いて回してくれます。
・できるときは、手順間でキャンセルさせてます。持ち替えのキャンセルがおこるとうれしい。


アドバイス

 記憶は自分が思っている以上に伸びます。僕が10秒ちょいで安定して記憶できるようになったのも、ここ4カ月ぐらい前ぐらいからです。それまでは、10秒で記憶できることもあれば、30秒近くかかってしまうことも結構あったし、もっとひどいこともありました。レターペアが安定して使えるようになったことも大きいですが、自分の力を抑えてしまっていたこが大きいと思っています。意外と強引に記憶しても頭に残ってるものです。もちろん普段よりはやく記憶すると、文字列を忘れてしまうことが多いですが、練習してるとだんだん忘れる回数が少なくなり、その速度が当たり前のようになってきます。この繰り返しにより、だんだんとはやくなっていくんだと思っています。 実行は頑張って3styleに移行しましょう。世界が変わります。

 みなさん頑張ってください。応援してます。













 


場所法について(MBLD,多分割BLD向けの記憶法)

 場所法について少し解説したいと思います。僕自身よくわかってないかもしれないのですが、使ったらマルチの個数は明らかに増えたので参考にはなると思います。場所法は大量に文字列を記憶するときに、非常に強力な武器になります。記憶の混同がなくなり、かなり楽に記憶でき、頭への負担がかなり軽減されます。ただし、記憶するのに少し時間がかかるので3BLDではまず使いません。実際8,9個ぐらいしかできなかったのが、12,13個ぐらいは時間内に間に合うようになってきて、15個ぐらいまではできそうな気がしてます。
 
 場所法とは文字通り、記憶対象を場所に関連付けて記憶する方法です。MBLDにどのように適応するのかを説明したいと思います。とりあえず、紙にルートを書いて、チェックポイントをいくつか作ります。
 
例 実家
チェックポイント①トイレ→②洗面所→③机→④台所→⑤玄関 

僕の場合、このチェックポイント1つにレターペア2つ(4文字分)の記憶を配置しています。チェックポイントが離れすぎてるとイメージしずらくなるので、気を付けましょう。

分析が(ひつれりしさすく いくれつすしさきてりけか)とかだったら、

 まず、最初の「ひつれり」の記憶を①のトイレと関連付けます。僕だったら、トイレにいったら、羊が連立方程式を解いてたと覚えます。次に、「しさすく」はトイレから洗面所に移動したら、シーサーがスクエア1を解いていた。という感じで記憶していきます。

 キューブ1つに対して1枚の地図を用意します。実家からだんだん離れていくように、地図を用意すると記憶の順番も混同することがなくなり、いいと思います。
 
是非場所法を試してみてください。
プロフィール

たく

Author:たく
スピードキュービングしてる大学生
目隠し系がメイン
KUbers所属
質問などあれば、twitter @gohamtakuにお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。